会社概要

会社名 スペクトロニクス株式会社
本社所在地 〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-28-15
TEL:06-6155-6511/FAX:06-6155-7076 大きな地図で見る
設立
代表者 長岡 由木彦
資本金 10百万円
事業内容
  • 短波長・超短パルスレーザ発振器の開発/製造/販売
  • 装置化に必要な光学系提案および加工検証などのレーザソリューション提供
従業員数 37人 (2024年4月現在)

社名の由来

  • Spectrum
    スペクトル

    光を波長別に分解し、波長ごとに配置したもの
    “複雑な現象を簡単な現象に分解して整理する”(ラテン語)

  • Electronics
    エレクトロニクス

    最新の電子技術を融合する/活用する

  • X
    エックス

    未知のマーケット・未知の技術領域に挑戦し続ける

沿革

西暦 沿革 受賞歴・メディア関連
2004年 4月 大阪府高槻市にある岡田取締役創業者の祖母宅にて創業
2007年 10月 大阪地域創造ファンド三島地域支援事業補助金に採択
創業以来初の固体レーザ(超小型ナノ秒パルスレーザ)を開発
2008年 4月 NEDO第1回研究開発型ベンチャー技術支援開発助成事業に採択
LVE-G0300(波長532nm)を薄膜型太陽電池業界向けに実用化
2009年 5月 大阪大学の協力でLD-GS方式ピコ秒パルス種レーザの実証実験に成功
2010年 6月 NEDO平成22年度「研究開発型ベンチャー技術開発助成事業」に採択 世界初のLD-GS方式高出力ピコ秒パルスファイバレーザを開発し、これを応用して波長450〜2,500nmの高出力スーパーコンティニューム光源を開発 1月 LVE-G0300関西フロントランナー大賞2010受賞
2012年 3月 平成23年度グローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)に採択
世界初の266nmピコ秒パルスレーザ(出力3W)を開発
2014年
  • 2013年8月, 2014年1月の2回に分けて、三星ダイヤモンド株式会社より合計2億円の第三者割当増資を実施
  • 4月 NEDO H24イノベーション実用化ベンチャー支援事業に採択
    266nmピコ秒レーザの長寿命化(8,000h以上)技術の開発に成功
  • 4月 NEDO H24イノベーション実用化ベンチャー支援事業に採択
    532nmピコ秒レーザの高パルスエネルギー化/パルス制御技術の開発に成功
4月 4/21(月) 日刊工業新聞に出力10Wの532nmピコ秒レーザ「LDH-G1000」の記事掲載
2015年 2月 産業革新機構をリードインベスターとして、大和企業投資、三菱UFJキャピタル、池田泉州キャピタルから6.5億円の第三者割当増資を実施
  • 2月 ピコ秒レーザ「LDH-G1000」が「関西モノづくり新撰2015」に選定される
  • 3月 3/9(月) 日経新聞朝刊13面に当社記事が掲載され、産業革新機構をリード
  • 4月 4/3(金) 日刊工業新聞に世界初の出力3Wの266nmピコ秒レーザ「LDH-X0300」発売の記事掲載
2016年 7月 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の国家プロジェクトである「高輝度・高効率次世代レーザ技術開発」に採択
平均出力50Wを超える266nmピコ秒レーザの開発に着手
  • 1月 世界最高出力の深紫外ピコ秒パルスレーザ「LDH-X0300」が、一般財団法人機械振興協会の表彰制度である第13回 新機械振興賞において「機械振興協会会長賞」を受賞
  • 4月 ピコ秒ハイブリッドレーザ「LDHシリーズ」がレーザー学会“産業賞”を受賞
2017年 6月 三菱電機株式会社を割当先とする5.0億円の第三者割当増資を実施
2018年 6月 レーザー学会 業績賞(論文賞)を受賞
当社が開発した“高出力深紫外ピコ秒レーザ”がレーザー学会のオリジナル部門にてその独自性・創造性を認められ、未知の領域に踏み込み独自性のある技術を開発したことをレーザー学会より認定される
2019年
  • 6月 出力10Wの266nmピコ秒レーザを世界で初めて連続運転
  • 8月 パルス幅15ps未満の266nmピコ秒レーザで出力50Wを達成
12月 第8回ものづくり日本大賞の「製品・技術開発」部門において、当社の266nmピコ秒レーザ(出力10W)が「経済産業大臣賞」を受賞
2020年
  • 8月 東京大学協創プラットフォーム開発株式会社より3.0億円の第三者割当増資を実施
  • 3月 出力8Wの266nmピコ秒レーザ「LDH-X0800」を正式リリース
5月 米国光学会(Optical Society of America)のOptics Letters誌に、弊社の深紫外ピコ秒レーザの研究に関わる論文が掲載
2021年
  • 4月 経営体制強化のため、長岡由木彦が代表取締役に就任 岡田は取締役創業者として266nmピコ秒レーザを含む新規事業開拓を担当
  • 7月 企業ミッション・ビジョン・バリュー刷新
10月 日経産業新聞一面に当社の266nmピコ秒レーザの記事掲載
2022年 量産モデル発振器開発着手
  • 3月 日刊ケイザイ「注目のベンチャー」に当社の紹介記事掲載 / 米国光学会Optics Express誌に「深紫外ピコ秒レーザー」の研究に関する論文が掲載されEditor’s Pickに選定
  • 6月 三菱電機株式会社、大阪大学との共著発表で第46回レーザー学会業績賞(進歩賞)受賞
  • 10月 国立大学法人東京大学、味の素ファインテクノ株式会社、三菱電機株式会社とともに次世代半導体パッケージ基板への極微細穴あけ(φ6μm)加工技術の開発を発表 / 国際光学会「Optica」Optics Continuum誌に当社の研究に関わる論文掲載
2023年
  • 4月 出力30Wの355nmピコ秒レーザ「LFV-30104」をリリース
  • 12月 出力15Wの266nmピコ秒レーザ「LFX-15108」をリリース
  • 4月 国際光学会「Optica」Optics Express誌に当社の研究に関わる論文掲載
  • 10月 国立大学法人東京大学、味の素ファインテクノ株式会社、三菱電機株式会社とともに次世代半導体パッケージ基板への極微細穴あけ(φ4µm)加工技術の開発を発表
2024年 3月 東京大学協創プラットフォーム開発株式会社、QB2パートナーズ有限責任事業組合、ビアメカニクス株式会社、株式会社みらい創造機構より合計5.1億円の第三者割当増資を実施 5月 国立大学法人東京大学、味の素ファインテクノ株式会社、三菱電機株式会社とともに次世代半導体パッケージ基板への極微細穴あけ(φ3µm)加工技術の開発を発表