企業情報

トップメッセージ

世界で最も頼りにされるレーザー技術のパートナー企業を目指します。

スペクトロニクス株式会社は岡田穣治が2004年に創業以来、レーザー技術の産業応用に特化する会社として微細加工領域で産業に貢献すべく開発を進めて参りました。2012年に半導体レーザーゲインスイッチング方式(LD-GS)を世界で初めて実用化し、そのシンプルな構造により振動に強く、増幅が比較的容易などの特徴と将来量産化された時のコスト削減効果が期待されるなど産業用途に優れた技術を確立しました。

スペクトロニクス株式会社は産業用ピコ秒紫外レーザー領域で国内唯一のメーカーであり、世界で唯一ピコ秒深紫外レーザーの出荷実績があるメーカー*1です。現在も東京大学が主導するTACMIコンソーシアム*2において、当社製レーザを使った最先端デバイスへの高品質微細加工AIの開発や、大阪大学の世界をリードする深紫外域への波長変換技術の開発で連携するなど、常に時代を先取りするレーザー微細加工の技術開発に注力しております。

市場はIoTの進展、ポスト5G競争、自動車業界におけるCASE加速、カーボンニュートラル等に代表される大きな環境変化により低環境負荷、小型化、省電力化への微細加工ニーズが急速な高まりを見せています。ピコ秒紫外レーザーの産業用途導入が本格化する時代に突入しようとしており、フェムト秒化や深紫外化の進展も期待されている状況です。こうした市場ニーズに応えるため、スペクトロニクス株式会社は産業用微細加工用途に高品位・高信頼性で顧客要望に応えるべくイノベーションを継続し、日本メーカーならではの迅速できめ細かい顧客対応を磨いてまいります。産業用ピコ秒短パルスレーザーで唯一の国産メーカーとしてグローバルニッチトップを目指し、モノづくりを通じた産業と社会へ貢献が私達のミッションです。同時に会社の成長と個人の成長の連鎖、外部研究機関や提携パートナーとのオープンで活力のある組織づくり目指して参ります。

(*1) 2021年2月末、当社調べ
(*2) 東京大学 光量子科学連携研究機構が率いる高効率レーザープロセッシング推進コンソーシアム( Consortium for Technological Approaches toward Cool laser Manufacturing with Intelligence)の略。レーザーによるモノづくりの革新を目的に80以上の企業、大学、研究所が連携する。
参考URL:http://www.utripl.u-tokyo.ac.jp/tacmi/

PAGETOP

社名の由来

  • Spectrum スペクトル

    光を波長別に分解し、波長ごとに配置したもの
    “複雑な現象を簡単な現象に分解して整理する”(ラテン語)

  • Electronics エレクトロニクス

    最新の電子技術を融合する/活用する

  • X エックス

    未知のマーケット・未知の技術領域に挑戦し続ける