新着情報

お知らせ

世界最高峰の深紫外ピコ秒パルスレーザの実験対応を開始

スペクトロニクスではパルス幅15ps、出力8Wクラスの266nmピコ秒パルスレーザ[LDH-X0810]での

実験対応を開始致しました。

 

【レーザ発振器外観】

 

【基本仕様】

 

【従来機との比較】

当社の強みである深紫外ピコ秒レーザがパワーアップしました。

 

【パルス幅】 50㎰ ➔ 15

 

【平均出力】 2W   ➔ 8W

 

従来機に比べてピークパワー、平均出力が増加し加工性能がアップしました。

ぜひとも、当社デモルームにお越し頂き、従来のレーザで解決できなかったテーマに

一緒に取り組んでみませんか。皆さまからのご連絡をお待ち申し上げております。

  • 一覧に戻る